COLUMN

留学コラム

ワーキングホリデー 2016.05.17

【続報!】オーストラリアのワーキングホリデー課税、延期へ!

オーストラリア 国旗

以前の記事でもお伝えした、オーストラリアのワーキングホリデー課税についての続報です!

オーストラリア政府から、今まで所得税を一切課していなかったワーキングホリデー居住者に対して【32.5%】の所得税を課すという、衝撃的な発表が数日前にあったのですが、それについての続報が本日(日本時間で17日の11時に)時事通信を通じて世界中に発表されたのをご存知でしょうか?

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016051700304&g=int

オーストラリア政府は17日、滞在中に一定の就労が認められる「ワーキングホリデー」制度を利用する外国人を対象にした所得税導入を半年間先送りし、内容を見直すと表明した。豪滞在中の日本人の若者からも「生活困窮を避けられた」と安堵(あんど)の声が上がっている。
増税案は「バックパッカー税」と呼ばれる。今は一定額以下なら非課税だが、7月から少額でも32.5%の所得税を課す計画だった。国民の若年失業者保護と税収増加が狙いだ。しかし、農業界や観光業界が若年外国人の雇用を確保できなくなるとして猛反発し、延期を余儀なくされた。【シドニー時事通信・(2016/05/17-11:03)】

 

……ということは、具体的にはどういうことなのでしょうか?

 

 

二転三転する、『ワーキングホリデー課税』

オーストラリア課税・続報

現在、わかっている事をまとめると

【現在渡航中の方々に、急に所得税が課される、ということはなくなった】

【今後半年間は税制を変える事はなくなった・そしてこの法令自体もどうなるか不透明】

【しかし、今後も何かしらの形で、ワーホリ等の渡航者に対して課税が行われる可能性が高い】

ということになります。

実際問題、今までは月に10万円程度(わかりやすく日本円に例えています)をアルバイトで稼いでいた人が、6万7500円しか貰えなくなるという、尋常ではない変化が起こる可能性があった訳ですので、これはひとまず朗報と言えるでしょう。

 

結局、税がかかる・かからない、どっち!?

語学学校の選び方まとめ

一旦は、すぐに税制が上がって現在の渡航者に多大な影響が出る、という事態は免れそうなので、一安心と言った所でしょうか。

実際のところ、こればっかりは今後の動きを見ないと何とも言えない、というのが実情ではありますが、上で紹介した時事通信の記事にもあるように、農業界・観光業界からの強い反発にあっているとの事ですので、このまま税率をアップする、というのは考えにくいのかもしれません。

しかし、政府が選挙後に問題を先送りした、という面もある今回のドタバタですが、今後も私たちは留学会社として情報収集を行い、新たな情報が入り次第皆さんにお知らせして行きます。

ワーキングホリデーでの渡航を検討されている方は、今後とも幅広く情報を集め、綿密に計画を立てて行く事をお勧め致します!

 

オーストラリア 国旗

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/gratiance/www/next-ryugaku.jp/wp-content/themes/next-ryugaku-column/single.php on line 51