COLUMN

留学コラム

留学準備 2016.05.18

多様な言語を学べる、今人気の【非英語圏】留学先4選!

留学=英会話を学ぶもの?

みなさんは、留学と言えばアメリカやイギリス・カナダといった英語圏への留学が多く、皆さんの中にも「英語力をつけたい」という理由で留学を検討している方も多いのではないでしょうか?

しかし、社会のグローバル化に伴い、語学力のニーズにも多様化の波が押し寄せてきている事を皆さんはご存知でしょうか?

今回は、今現在人気が高まってきている、【非英語圏】の留学先を4ヶ国ご紹介致します!

 

1韓国

多様な言語を学べる、今人気の【非英語圏】留学先4選!韓国

日本のお隣、韓国への留学は近年、若年層に絶大な人気を誇っています!

K-POPブームも手伝い、今の10代〜20代前半の若者については、英語圏への留学希望者よりもニーズが多いのでは?と思ってしまうほどです。

地理的な距離の近さ、物価の安さに加えて、韓国の文化は日本にも大変馴染みがあることなどが人気の秘訣と言えるでしょう。

韓国から日本にやってくる留学生やビジネスマンも多く、韓国語を話す必要性も今後高まってくる中、今後も人気が衰える事はないと思われます。

行き先の都市としては、ソウルが圧倒的に人気です。大学・語学学校ともに選択肢が充実しており、生活もしやすいと評判ですよ!

 

2台湾

多様な言語を学べる、今人気の【非英語圏】留学先4選!台湾

親日国ということで、人気の高い台湾。街の暮らしやすさは日本にも引けを取らないほどと言われています!

中国語学習のニーズは年々高まっていると言われていますが、本場の中国では治安や国際情勢、また環境問題等の面で敬遠される方も多くいらっしゃいます。

そんな中、台湾の公用語は北京語がベースとなっており、中国よりも暮らしやすく、安全に中国語を学べる留学先として人気が高まっています。

物価も日本よりは安く、特に食事はおいしく、安価にとれる事で人気です。

他国の人間にも親切心を忘れない、台湾人の国民性も手伝い、一度行けば一生忘れられない経験となること間違いなしでしょう!

 

3ドイツ

多様な言語を学べる、今人気の【非英語圏】留学先4選!ドイツ

環境問題や、様々な学問について安価で質の高い教育が受けられることで人気のドイツ留学。

語学で見ても、ドイツ語は欧州で最も母国語とする人が多く、人気の言語の一つであります。

経済はEU犬の中でも安定しており、工業系・IT系でも有名な起業も多く、海外就職への足掛かりにも最適と、様々な魅力に溢れた国と言えるでしょう。

具体的な滞在先としては、ミュンヘンやベルリンと言った都市部がやはり人気です。ワーキングホリデーでの滞在制度もあるので、現地でアルバイトを出来るのも若者には嬉しいです!

有名なクリスマス市などのイベントごと、さまざまな歴史的建造物などの観光資源にも優れ、ビールにソーセージ・バウムクーヘンと言った食文化も日本人に人気が高く、また欧州各国へのアクセスの良さも大きな魅力の一つです!

 

4スペイン

多様な言語を学べる、今人気の【非英語圏】留学先4選!スペイン

世界で使用する人が多い言語三つは、英語、中国語と”スペイン語”である事はご存知でしょうか。

中南米圏やフィリピン、また、アメリカでも多く話されており、今後グローバル化や、発展途上国の経済成長に合わせて今後必要とされてくる言語の一つです。

中でもスペインは、欧州でも日本人に人気が高い留学先です。

サッカーが好きな方なら、一度は本場スペインで熱気溢れるサポーターと一緒にサッカー観戦をしたいですよね。

また、食文化・宗教文化といった、歴史ある独自の文化に触れられるのも大きな魅力の一つです。

『情熱の国』といわれるスペインで、他国では味わえない濃厚な学習体験をしてみるのも良いのではないでしょうか?

 

まとめ

多様な言語を学べる、今人気の【非英語圏】留学先4選!まとめ

今回は【非英語圏】で人気の留学先を一部ご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか?

こういった国々では、現地の言葉と併せて英語も学ぶ事が可能な学校が多いので、計画次第では同時に2カ国語を学ぶことも可能というのもポイントです。

英語を学ぶだけでなく、多種多様なスタイルでの留学が増えてきているのも近年の特徴です。

それぞれ何を学びたいのか、どんな体験をしたいのか、という自分自身の希望とよーく向き合い、様々な可能性を模索してみるのが良いでしょう!!

 

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/gratiance/www/next-ryugaku.jp/wp-content/themes/next-ryugaku-column/single.php on line 51