WORKING HOLIDAY

ワーキングホリデーの特徴

SELECT留学条件を選ぶ

ワーキングホリデーする時のポイント

海外で1~2年間、「働く」「学ぶ」「住む」を同時に楽しめるのがワーキングホリデーです。現地で働きつつ、滞在費を補いながら異文化のなかで、学校に通いながらアルバイトしたり、ボランティアに参加したり、スポーツや旅行を堪能したりと留学とは違う、自由でアクティブな海外生活を楽しめます。

  • 学びと働くを両立できる
    ワーホリ滞在中、語学学校にも通うことができます。語学学校に通える期間はオーストラリアは4ヵ月、カナダとニュージーランドは6ヵ月です。語学学校で身につけた語学力を実際に仕事で活かすことができます。
  • 生活費を抑えながら留学できる
    留学と違い、海外で働くことができるので、生活費を補えるのがワーキングホリデーの魅力。「語学力が高い=仕事の幅が広がる」ため、働く前に語学学校でできるだけ語学力をつけておくことが肝要です。
  • 自由時間で旅行も行える
    語学留学と比べて、ワーキングホリデーは時間を自由に使えるので、空いた時間で旅行を行うことができます。長距離バスや列車を使って、また気の合う仲間と車でその国を一周するという方も多いです。
  • 複数の滞在方法を組み合わせられる
    まずはホームステイをする方がほとんどです。現地の人と一緒に生活することでその国の生活習慣を理解し、生活のなかの日々の会話から語学力を上げることもできます。その後は、一人暮らしよりも、数人で家やアパートに住むシェア滞在が一般的です。

ワーキングホリデーでよくある質問

語学学校に通ったほうがいいですか?
英語力によって就ける仕事の選択肢が変わるので、最初は語学学校に通い、英語力をつけることを強くおすすめします。語学学校から仕事を紹介してもらえる場合もありますので、そういった機会をうまく活用しましょう。
どういう仕事がありますか?
英語力が初級の場合、日本食レストランや土産物店、農場でのフルーツピッキングなどの農作業。中級であれば、地元のショップやカフェ。上級では、地元企業での一般事務やアシスタント、現地でのツアーガイドなど職種も幅広くなります。
滞在先の探し方は?
語学学校に通う方は、学校のスタッフに相談したり、友達から紹介してもらうのが一般的です。ホームステイ先のホストファミリーに紹介してもらう方法もあります。
費用について、気をつける事はありますか
滞在中はアルバイトをしてお金を稼げますが、それをあてにして計画を組むのはおすすめできません。滞在中のプランによってかかる費用は大きく異なるので、事前にしっかりと計画を立てておくことが大切です。

ワーキングホリデーができる国・地域



Warning: strtotime(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/gratiance/www/next-ryugaku.jp/footer.php on line 21

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/gratiance/www/next-ryugaku.jp/footer.php on line 21
2016.8.5 NEWS

事務所移転のお知らせ

ご質問、ご相談など無料カウンセリングへのお申し込みはこちら